Yatsugatake human energy 特定非営利活動法人 八ヶ岳ヒューマンエナジー

BDFとは

バイオディーゼル燃料(BDF)ってなに?


 経済成長の中で生活様式が急激に向上し、便利な世の中になっている一方で、地球温暖化の問題やエネルギー問題が大きく取りただされています。


 地域で活かされていないものを循環させ、エネルギーに変える試みに、てんぷら油などの食用廃油を燃料に精製する、バイオディーゼル燃料(BDF)があります。

これは、食用廃油をリサイクルして生まれた環境にやさしいディーゼル代替燃料です。

  • クリーンなディーゼル代替燃料
     植物系廃食用油を原料として製造されたクリーンなディーゼル代替燃料です。この燃料と軽油のもっとも大きな違いは、軽油は石油からできている燃料として一度しか使用しないエネルギーなのに対し、これは食用油として一度使用したものをリサイクルし、燃料として使用するリサイクルエネルギーという点です。

  • 環境にやさしい
     ひまわりや菜種、大豆などの一年生植物を原料とするバイオマスエネルギーです。
    軽油は、将来的に枯渇するといわれている化石燃料ですが、これは植物から作られる再生可能なエネルギーです。植物はその成長過程で大気中の二酸化炭素を吸収し、エネルギーに変換して蓄えていきます。
    そのため、これらを原料とする燃料を燃やしても、植物のライフサイクル全体では大気中の二酸化炭素は変わらないため、「CO2カウントゼロ」となるわけです。また、黒煙、SOx、NOx、も削減され、環境保全に寄与するやさしいエネルギーです。
  • 主な効果
    • 大気汚染の原因となる硫黄酸化物(SOx)や黒煙が少なくなります。
    • 地球温暖化防止対策
    • CO2削減が実現します。
    • 食品廃棄物のリサイクル化が実現します。
    • 廃食用油の回収により、河川、海域の水質汚濁防止に役立ちます。

  • 使用例
    • 軽油使用ディーゼルエンジン車
    • 業務用ボイラー
    • ディーゼルエンジン発電機
    • その他



      ■京都市の試験結果<分析方法>CO2:非分散赤外線法SOx:イオンクロマトグラフNOx化学発光法

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional